レーシックのフラップでは衝撃に堪えることが出来ずに外れてしまう可能性

レーシックのフラップでは衝撃に堪えることが出来ずに外れてしまう可能性



レーシックのフラップでは衝撃に堪えることが出来ずに外れてしまう可能性ブログ:30 5 19


家|ョ´・3・)ノこんてぃわぁ♪

1週間前、高齢の母親とお買い物をすませ、
車を停めているショッピングセンターの駐車場に向かいました。
母親はいつも車の後部座席に座ります。

病気をして何ヶ月も外出していないので、
少しボーっとしています。

後ろで母親がドアを弱く閉めたので、
「ドア、ちゃんと閉めた?」
と運転席から聞くと、

母親は
「ちゃんと閉めたよ」と答えました。

駐車場は混んできて、
ボクが車を出すのを
さっきから横で待っている車もいます。

急いで出なくては、
とあせって出ようとしたその時…

「半開きですよ!」と声がしました。

あわてて外に出て見ると、
後ろのドアは一見閉まっているのですが、
確かに半開きでした。

走り出してドアが開いたら、
事故にもつながりかねません。

「母親、ドアが半開きやで!」
と母親に言い、
外に出てバタンと閉め直しました。

声をかけてくれた若い男性は、
ボクの車から1、2台隔てた車の人で、
わざわざ教えにきてくれたのでした。

「ありがとうございました」
とお礼を言って、駐車場を出ました。

それにしても、よく気がついて教えてくださったなぁ~と、
改めて感心しました。

ボクなど、隣の車のことでも気がつかないと思います。
ましてや隣の隣の車なんて…

どうして気がついたのか不思議でした。
たまたま目に入ったので、知らせてくれたのでしょうか。

もしかしたらボク達の声が聞こえたので、
さりげなく見てくれたのでしょうか?

偶然に見つけてもらえた不思議に心から感謝しながら、
「世の中には本当に親切な人がいるね」
と母親と話しました。


・・・と、こんな事書いてみる
レーシックのフラップでは衝撃に堪えることが出来ずに外れてしまう可能性

レーシックのフラップでは衝撃に堪えることが出来ずに外れてしまう可能性

★メニュー

レーシックで手術をする場所の角膜に何らかの障害を持っている方も少なからずいらっしゃることでしょう
レーシックの手術を受けたいと思っている人の中には、すでにドライアイの症状が出てしまっている人もいる
レーシックのフラップでは衝撃に堪えることが出来ずに外れてしまう可能性
松坂投手がレーシックを決意したのは、先輩が実際に治療したのを聞いて決意したと言われてます
レーシックの手術で角膜をレーザーで削ってしまった後でも、十分な厚みを持っていれば再手術をすることが出来ます
緑内障や白内障の方や、またはぶどう膜角膜、ヘルペス性角膜炎を起こしたことがある方はレーシックを受けることが出来せん
レーシックの費用をクリニック別で比較サイトで紹介されていますが、料金で選ぶのは後悔の元となってしまいます
レーシックは非常に精密な手術となっており、術後すぐに視力の回復が実感することが出来ると言われています
妊娠中や出産直後の女性であれば、決して焦る必要はありません
レーシックでの失敗例の多くがクリニックの衛生環境や管理体制が主な原因となっていま


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)求めているのはレーシックという最新医療