レーシックで手術をする場所の角膜に何らかの障害を持っている方も少なからずいらっしゃることでしょう

レーシックで手術をする場所の角膜に何らかの障害を持っている方も少なからずいらっしゃることでしょう。
角膜に何らかの異常を持っている人は、場合によってはレーシックを受けることが出来ないので覚えておいてください。レーシックの種類によって角膜の疾患があったとしても手術を受けられる場合もあります。
そのような人も受けることの出来る視力回復手術も今ではあるので、担当医と相談をしてみましょう。 あまりにも数多く存在しているレーシックに関する情報サイトの中には、経験の浅い医師のクリニックが紹介されていることがあります。
レーシックはとにかく経験豊かな医師へ相談をすることが最も大切なことなので、事前に調査をしておくようにしましょう。
レーシックが受けることの出来ない可能性のある人も、まずは眼科に行って相談してみてください。
何らかの別の対処法を紹介してくれることもあるので、まずは優良クリニック探しから始めていきましょう。

 

 



レーシックで手術をする場所の角膜に何らかの障害を持っている方も少なからずいらっしゃることでしょうブログ:13 1 21

巷には、様々な減量法がありますが…
少し間違った減量というのもあるみたいなんですよね。

まず、思い浮かぶのが
「単品減量」や「断食減量」
というものです。

これらは極端に食事量が減りますので、
すぐに体重も減らすことができますが、
体質に必要な栄養素が不足してしまい、
逆にリバウンドを起こしやすくなってしまいます。

また「下剤」などを利用して、
体質の中に溜まっている不要なものを排出するという
減量方法もありますが、
過度に使用すると脱水症状を起こすこともあります。

これは体重が減ったとしても一時的なもので、
脂肪が減ったわけではありません。

このような減量を行なっていると、
体質にどのような影響がでてくるかということですが…

カルシウムなどをきちんと摂ることができないと
「骨粗しょう症」になってしまったり、
食生活の乱れによって
脳にある食欲中枢がコントロールを失ってしまい、
過食や拒食などの摂食障害を起こしてしまいます。

さらに、
卵巣の機能も乱れてしまい、女性ホルモンの分泌低下など
婦人科系にも悪影響がでてきます。

その結果として、
現代の女性に多い生理不順や無月経、無排卵など
不妊症につながるトラブルへとつながってしまうのです。

このように、
間違った危険な減量方法を続けていると、
さまざまなトラブルが体質に起こってしまう可能性が大きいです。

健康的にきれいに減量したいならば、
正しい減量を行なうことです。
焦らずにコツコツとやることが大事ですよ。

おしまい!!!

ホーム サイトマップ